畳をフローリングにするリフォームで部屋が明るく!

畳をフローリングにするリフォームで部屋が明るく!

 我が家は築9年の中古の家を買ったのですが、リビングが畳でした。我が家は冬はこたつ、夏はテーブルにするので、夏のテーブルの時は畳の上に何か敷かないと畳が傷んでしまいます。畳み替えはお金もかかるし1日リビングが使えないので、なるべくしたくないので敷物を敷いていたのですが、それでも椅子を引いたりしたら擦れてしまいます。

 そこで、畳をフローリングにしようと思いました。住み始めてから5,6年は経っていましたから、築15年程でのリフォームになると思います。

 業者は夫の従兄が一級建築士で工務店を開いているので、その人に相談しました。そして、知り合いの大工さんを紹介してもらい、4畳半の部屋を7万円でフローリングにして貰いました。畳の処分代も含みます。また材料はワックスをかけなくて良い、やや上等な物を使ってくれたので費用は一般よりは安く済んだと思います。

 作業は1日で終わりました。朝8時半頃大工さんが2人来る前にリビングの物を予め他の部屋に移動させておきました。まず畳を取り去り、畳の下を補強してくれてから板をサイズに合わせて切りながら敷いて行きました。最後にフローリングと壁の間にコーキング剤を塗って作業は終わりました。床はかなり補強したので、多少ドンドン運動や子供達が遊んでも大丈夫ですよと言われました。

 不思議なことに床を替えただけなのに、床材を明るい色にしたお陰もあるかもと思いますが、部屋ごと新築になったように綺麗に見えました。こちらの気分も明るくなり、また、テーブルを遠慮なく置けるようになったので、リフォームして本当に良かったと思いました。

 家も古くなってくると、床の一部がギシギシ言うようになったりしますが、まだ家自体を建て替える必要がないなら、その部屋だけリフォームするだけでもとても新鮮な気持ちになれると思います。

↑ PAGE TOP